スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「改善不十分」14校を指名=法科大学院の状況調査-中教審特別委(時事通信)

 新司法試験合格者数と入学志願者数の低迷が問題となっている法科大学院について、中央教育審議会法科大学院特別委員会の作業部会は22日までに、14校について重点的な改善が必要だとする状況調査の結果をまとめた。
 法科大学院は2004年度以降74校が開設された。総定員が増えたことなどから、修了者を対象にした新司法試験の合格率は昨年27.6%まで低迷した。
 厳しい現実を前に進学志願者が減少しており、特別委は昨年4月の報告書で、入試の競争倍率や新司法試験の合格率が低い大学院を中心に入学定員を削減するよう促していた。 

【関連ニュース】
「本人確認義務化を」=有識者懇、法的規制を提言
旧司法試験、92人が合格=法務省
12校で充足率9割切る=国立大の大学院
本人確認、導入進まず=ネットカフェ防犯対策を検討
漏えい調査に弁護士ら=事故報告書問題で-JR西

「拙速な可視化よくない」=法案提出をけん制-国家公安委員長(時事通信)
小沢氏の聴取応諾「連絡ない」 首相(産経新聞)
都議補選終盤戦 島の発展へ舌戦 自・民、国会議員ら動員(産経新聞)
女性引きずり死なす 大阪狭山の飲酒事故(産経新聞)
<ハイチ大地震>日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。