スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<日中韓>北海道で3カ国環境相会合 黄砂対策などで協力(毎日新聞)

 第12回日中韓3カ国環境相会合が23日、北海道苫小牧市であり、14年までの5カ年で地球温暖化や黄砂対策など10分野で協力する「共同行動計画」を初めて採択した。計画は、温室効果ガス削減とともに大気汚染対策なども進める「コベネフィット・アプローチ」の実現▽黄砂の発生源対策を共同で推進--など。黄砂の発生源対策の作業部会は年内にも中国で開催する。

 このほか、鳩山由紀夫首相が掲げる「東アジア共同体構想」についても環境分野で協力を進めることで合意した。小沢鋭仁環境相は記者会見で、「予想をはるかに超える成果をあげることができた」と強調した。

 共同行動計画は29、30日の日中韓首脳会談で承認される予定。11年の環境相会合は韓国で開催されることが決まった。

【関連ニュース】
温暖化対策法案:衆院環境委で可決 野党は採決強行に反発
景況感:自律回復力に不安 主要119社アンケート
発信箱:油断、慢心は禁物だ=小松健一(北米総局)
エコ住宅:全新築で省エネ化目指す 法律義務化も検討
温室効果ガスを減らそう/1 まとまるか?「京都」後の約束

口蹄疫 問題の本質を見誤った鳩山政権(産経新聞)
六甲山に初夏の訪れ クリンソウが見ごろ(産経新聞)
HP、ブログ解禁で合意へ=ネット選挙、衆院比例候補も対象―与野党(時事通信)
大規模災害にツイッター=総務省消防庁が運用開始(時事通信)
「全体像示すべき時期が来た」-民主マニフェスト企画委(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。