スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<海自ヘリ事故>防衛省に再発防止求める…長崎県大村市長(毎日新聞)

 海上自衛隊大村航空基地の大型哨戒ヘリコプターSH60Jが昨年12月、長崎市沖で墜落し乗員3人が死傷した事故で、長崎県大村市の松本崇市長らが25日、防衛省を訪れ、榛葉賀津也副防衛相に事故の再発防止と訓練の安全な実施を要望した。

 榛葉副防衛相は「ご心配かけました。(同省の事故調査委員会で)フライトレコーダーの解析を行っており、事故原因が分かり次第、早々に説明します」と話した。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
戦闘ヘリ:受注減、350億円払え…富士重が防衛省を提訴
F15部品脱落:疲労亀裂が原因 防衛省が調査結果
防衛省:「うそ発見器検査」明記 隊員から誓約書
海上自衛隊:インド洋での給油活動が終了
ポリグラフ検査:「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相

中学生、塾代が過去最高=公立校18万8000円-不景気でも伸び・08年度調査(時事通信)
東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資金詐取容疑-2億4千万円被害・警視庁(時事通信)
菅副総理 林前経財相の質問にタジタジ 参院予算委(毎日新聞)
<原口総務相>「関係者によると」発言…介入意図はない(毎日新聞)
【十字路】朝青龍関をモデルにした仏像に願いを込める「願文」(産経新聞)
スポンサーサイト

小沢氏を事情聴取=虚偽記載「把握していない」「裏献金、事実無根」-東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐる事件で、東京地検特捜部は23日午後、小沢氏を任意で事情聴取した。小沢氏は終了後に会見し、黙秘権を告知した「被疑者聴取」で、供述調書2通に署名したことを明かした上で、虚偽記載を「把握していない」と関与を否定。ゼネコンからの裏献金は「事実無根だ」と述べた。
 特捜部は、小沢氏側がゼネコンから資金提供を受けていたとみて調べる一方、事件への小沢氏の関与についても捜査を進めるもようだ。
 関係者によると、聴取は東京都千代田区のホテルで4時間半にわたって行われた。小沢氏は終了後、午後8時すぎから同ホテルで記者会見した。
 小沢氏が代表を務める陸山会は2004年10月29日、東京都世田谷区の土地を約3億5000万円で購入。直前に土地購入代として4億円が入金されたのに、同年分の政治資金収支報告書に収入として記載しなかった。
 会見で配布した文書で小沢氏は、報告書への記載内容について、「相談や報告は受けていない。帳簿や報告書を見たことはなく、内容を一つ一つ確認したことはない」と述べた。
 また、(1)土地代金4億円の口座への入金(2)土地の所有権移転を売買の翌年にしたこと(3)代金支払い後に定期預金を担保に融資を受けたこと(4)個人で融資を受けて、陸山会に貸し付けた理由-について、「関与していないので、分からない」とした。
 4億円の原資については、自宅を買い直した際に差額として残った2億円など、1989年から02年までに銀行から引き出した計7億6000万円のうち、土地購入時に個人事務所で保管していた4億数千万円から、4億円を貸し付けたと説明した。
 その上で、ゼネコンからの裏献金について「不正な裏金はもらっておらず、事務所の者ももらっていないと確信している」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<参院選>公明党、埼玉選挙区に公認候補擁立へ(毎日新聞)
総務政務官「検察捜査は検証に値する」(産経新聞)
首相が初の施政方針演説 普天間「5月末までに移設先決定」 政治とカネ「お詫び」(産経新聞)
受験生も安心!? バナナが味方だ 栄養補給、免疫力アップ(産経新聞)
オバマ大統領の訪問実現へ努力=米国での面会を受け-秋葉広島市長(時事通信)

23日に奈良で若草山焼き 平城遷都1300年祭記念で花火3倍に(産経新聞)

 奈良市の新春を彩る恒例行事、若草山焼きが23日、行われる。今年は平城遷都1300年祭を記念し、山焼き前の花火をグレードアップし、例年の3倍にあたる約600発が打ち上げられる予定で、古都の夜空を鮮やかに焦がす。

 当日午後4時50分、金峯山寺(奈良県吉野町)の山伏が先導する約30人の聖火行列が奈良公園シルクロード交流館を出発し、若草山麓(さんろく)の野上神社のかがり火に点火。山焼きの無事を祈願する祭礼を実施する。

 花火の打ち上げは午後6時から約15分間。秋田県大仙市で昨年8月に行われた「全国花火競技大会」(大曲の花火)の最優秀賞受賞者の作品なども披露される。その後、ホラ貝などの合図で、奈良市消防団(約300人)が約33ヘクタールの草地に一斉に点火する。

 山焼きに先立って、若草山麓会場では同日午後0時半から「鹿せんべい飛ばし大会」や、1300年祭の公式マスコットキャラクター「せんとくん」のダンスなどのイベントが繰り広げられる。

【関連記事】
街道へ、ちょっと寄り道 奈良 1300年の眺め
【ふるさと便り】奈良・若草山で豪快に鹿せんべいとばし
ゆるキャラ関西チーム、香港へ海外遠征
大和三山 中大兄皇子の歌と「美しき誤解」
卑弥呼の鏡 国の成り立ち思う機会に

千葉大生殺害 ATM男、DNA型一致 遺体ストッキングに付着(産経新聞)
降圧剤を誤投与、80歳代患者死亡…愛媛(読売新聞)
<芦屋財産処分訴訟>経営者に賠償命令 神戸地裁支部判決(毎日新聞)
「小沢氏の潔白信じたい」=国民への説明見守る-鳩山首相(時事通信)
<貝塚市長選>元副市長の藤原龍男氏が初当選(毎日新聞)

「改善不十分」14校を指名=法科大学院の状況調査-中教審特別委(時事通信)

 新司法試験合格者数と入学志願者数の低迷が問題となっている法科大学院について、中央教育審議会法科大学院特別委員会の作業部会は22日までに、14校について重点的な改善が必要だとする状況調査の結果をまとめた。
 法科大学院は2004年度以降74校が開設された。総定員が増えたことなどから、修了者を対象にした新司法試験の合格率は昨年27.6%まで低迷した。
 厳しい現実を前に進学志願者が減少しており、特別委は昨年4月の報告書で、入試の競争倍率や新司法試験の合格率が低い大学院を中心に入学定員を削減するよう促していた。 

【関連ニュース】
「本人確認義務化を」=有識者懇、法的規制を提言
旧司法試験、92人が合格=法務省
12校で充足率9割切る=国立大の大学院
本人確認、導入進まず=ネットカフェ防犯対策を検討
漏えい調査に弁護士ら=事故報告書問題で-JR西

「拙速な可視化よくない」=法案提出をけん制-国家公安委員長(時事通信)
小沢氏の聴取応諾「連絡ない」 首相(産経新聞)
都議補選終盤戦 島の発展へ舌戦 自・民、国会議員ら動員(産経新聞)
女性引きずり死なす 大阪狭山の飲酒事故(産経新聞)
<ハイチ大地震>日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)

自民・大島氏、首相と小沢氏の説明要求=「自浄能力問われる」-代表質問始まる(時事通信)

 国会は19日午後、衆院本会議で菅直人副総理兼財務相の財政演説に対する各党代表質問を行い、与野党の論戦がスタートした。自民党の大島理森幹事長が最初に質問し、鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題を追及。「首相や小沢氏らの自浄能力が問われている」と断じ、集中審議や参考人招致に応じて国会で説明するよう求めた。
 大島氏は、偽装献金事件に関する首相の対応について「多くの国民は説明責任を果たしていないと感じている」と指摘。首相がかつて「秘書の問題は政治家の責任」と発言したことを取り上げ、自ら責任を明らかにするよう迫った。その上で、実母から提供された資金の使途や、首相が認めた2002年より前の資金提供の有無などを尋ねた。
 また、小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件に関し、購入代金に充てた4億円の原資や複雑な資金操作の理由などを調査し、結果を国会に提出するよう要求。さらに、小沢氏に「闘ってください」と伝えた発言の真意を問いただした。
 一方、民主党のマニフェスト(政権公約)にも言及。無駄削減などで約9兆円をねん出するとうたいながら、事業仕分けが約6000億円にとどまったことを「マニフェスト違反。できもしない幻想を振りまくのは国民に対する欺きだ」と批判した。経済問題では、中期的な財政方針が示されていないことを「無責任」とするとともに、消費税に関する見解を求めた。政府・与党が5月決着を目指す米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関しては、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行案が選択肢に入るかただした。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<ハイチ大地震>日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
<阪神大震災>犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催(毎日新聞)
回らぬ風車、控訴審判決は「つくば市の過失が大」早大の賠償を減額(産経新聞)
振り込め被害、前年の3分の1に…警察庁(読売新聞)
<核燃再処理工場>稼働凍結求める10万人署名 首相に提出(毎日新聞)

<平野長官>報道表現「関係者によると」は「公平でない」(毎日新聞)

 平野博文官房長官は20日の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件の報道で用いられる「関係者によると」との表現について、「すべてとは言わないが、記事の中身によっては公平でないものがあると思う」と述べ、「関係者」の所属をより明確にすべきだとの認識を示した。原口一博総務相も19日、同様の考えを表明している。

 「報道にとって情報源の秘匿は非常に重要だ」との記者団の指摘には、「利害が相反する時に、一方的にやられるのはよろしくない。(検察と被疑者の)双方の言い分を並べて、初めて国民が判断されることになるのではないか」と語った。また、検察側から報道機関への「リーク」があると思うかと問われると、「そういうふうに思うところもあるような気がする」と疑念を呈したが、「事実関係をつかんでないので、断定的には言えない」とすぐに軌道修正した。【横田愛】

【関連ニュース】
石川議員逮捕:「考える会」政務官参加は不適当…官房長官
独立行政法人:役員公募に統一基準作成を 官房長官が指示
外国人地方参政権:通常国会に法案提出方針…平野官房長官
平野官房長官:下地島など離島、上空から視察 基地問題で
普天間移設:沖縄知事「県外」明言 官房長官に要請

政教分離訴訟 「市有地に無償で神社」は違憲 最高裁(毎日新聞)
小沢幹事長、党大会で検察批判「納得できない」 (産経新聞)
統一地方選の候補者、橋下知事が公募の意向(読売新聞)
学テ「自主参加希望」47%…市区町村調査(読売新聞)
谷垣氏が首相追及へ=衆院予算委で本格論戦スタート(時事通信)

鈴木宗男氏、検察と法相を批判(産経新聞)

 新党大地の鈴木宗男代表は21日昼、民主党の小沢一郎幹事長を支持するグループ「一新会」が都内で開いた例会で講演した。鈴木氏は、小沢氏の資金管理団体「陸山会」による土地購入事件に関し、「検察がリーク(情報漏洩)する情報は裏が取れない。マスコミは反権力というが(検証しないまま検察リークを)信用して書いている」と指摘。捜査の透明性をはかり、リークによる世論誘導を防ぐためとして捜査の全面可視化の必要性を訴えた。

 また鈴木氏は会合後、記者団に対し、「捜査は粛々と静かにやって欲しい。リークして恣意的、意図的に(捜査を)進めるやり方は8年前の鈴木宗男の時で止めていただきたい」と語り、改めて検察を批判した、千葉景子法務相についても「人権派の弁護士の法務大臣がまったく検察と同じ認識でいるのも解せない」と疑問を呈した。

【関連記事】
「権力の横暴だ」 石川容疑者逮捕で新党大地の鈴木宗男代表
「検察が正義は大間違い」鈴木氏の批判に沸く
鈴木宗男氏「狙われたら誰でもやられる」
鳩山首相「小沢幹事長を信じております」
「先生の指示で金運ぶ」 小沢氏の“金庫番”石川容疑者

石川議員逮捕、一刻の猶予も許されぬと東京地検(読売新聞)
震える声「やってません」=「自白」撤回のテープ再生-足利事件再審公判・宇都宮(時事通信)
外務省官房長に木寺氏(時事通信)
渡部氏、小沢氏進退は世論見守る=政府・民主内で発言相次ぐ(時事通信)
スキー事故、高崎市課長死亡=コース移動中に転落-長野(時事通信)

<訃報>「キン肉マン」ロビンマスク役の声優 自殺か(毎日新聞)

 テレビアニメ「キン肉マン」のロビンマスク役などを務めた声優、郷里(ごうり)大輔(本名・長堀芳夫)さん(57)=東京都杉並区=が17日、東京都中野区の路上で首や腕から血を流して死亡していたことが分かった。警視庁中野署は、郷里さんのズボンのポケットに家族あての遺書が入っていたことなどから自殺とみている。

 中野署によると、郷里さんは17日午後3時ごろ、中野区本町の路上で死亡しているのを通行人に発見された。争った形跡はなく、近くに血の付いた刃物が落ちていた。

 所属事務所によると郷里さんはアニメの声優や洋画の吹き替え、テレビ番組のナレーターなどを務めていた。【古関俊樹】

小沢氏、長崎でも熱弁…自民県連は糾弾の集い(読売新聞)
あったかい大寒 島根大生が寒中水泳(産経新聞)
過去問再利用なし=センター試験(時事通信)
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待-日米チーム(時事通信)
<偽造旅券>中国人ら224人に発送 2被告報酬350万円(毎日新聞)

「面接で着るスーツなくて…」万引き男逮捕(読売新聞)

 山形署は17日、同県寒河江市仲谷地、無職井沢昌孝容疑者(30)を窃盗容疑で逮捕した。

 発表などによると、井沢容疑者は17日午前10時頃~午後2時頃までの間、山形市嶋北の洋服店で、スーツ2着とベルト1本(計15万990円相当)を盗んだ疑い。

 パトロール中の県警自動車警ら隊員が、シートベルト不着用で軽乗用車を運転する井沢容疑者を発見、停止を求めたところ、助手席から、値札の付いた商品を発見した。

 井沢容疑者は「(求職の)面接のためにスーツが必要だった。お金がなかった」などと供述している。

石川議員、4口座へ同日入金=数千万円ずつ、別の出どころか-小沢氏団体事件(時事通信)
<コンビニ強盗>景気悪化影響か46%増 警察庁まとめ(毎日新聞)
<人事>人事院(18日)(毎日新聞)
小沢氏だんまり、進退には強気の姿勢(読売新聞)
石川議員在宅起訴なら「不公平」 自民・谷垣氏が強調(産経新聞)

<在宅酸素療法>過去6年間に26人死亡…厚労省が注意(毎日新聞)

 厚生労働省は15日、在宅酸素療法で酸素濃縮装置などを使用中の患者が、たばこの火などに引火して焼死するケースが相次いでいるとして、都道府県や業界団体に注意喚起を依頼した。団体のまとめでは、過去6年間に26人が死亡。厚労省は「高濃度の酸素を吸入中に火気を近づけるとチューブや衣服などに引火するが、正しく使用すれば安全な装置」としている。

 肺の疾患で酸素濃縮装置などを利用する人は約15万人。一般社団法人日本産業・医療ガス協会のまとめ(09年12月時点)によると、03年10月以降、在宅酸素療法の患者の自宅で起きた火災により26人が死亡、1人が重症のやけどをした。

 高齢者が多く、原因(推定も含む)は喫煙が13件と多いが、線香をつける時やストーブでも起きている。【佐藤浩】

【関連ニュース】
郵便不正:村木被告の初公判27日に 厚労省元局長
厚労省:事前評価など有識者が担当…補助金交付
臓器提供:親族への優先、厚労省が運用指針改正
無料低額宿泊所:厚労省、運営費助成へ 優良施設を選別
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査

インド洋給油活動が終了=テロ特措法失効、8年で幕-海自撤収(時事通信)
<鳩山首相>今月末のダボス会議に出席せず 国会審議を優先(毎日新聞)
脳卒中 早い受診で後遺症防いで(産経新聞)
【中医協】「5分要件」廃止後、“お薬外来”を不算定に―安達委員が提案(医療介護CBニュース)
財務省改革でチーム設置=4月までに具体策提言-菅財務相(時事通信)

<雑記帳>遠野の「語り部」289人を認定(毎日新聞)

 「語り」によって地元の昔話や文化が受け継がれてきた岩手県遠野市で17日、現代の「語り部」289人が認定された。今年は「遠野物語」発刊100周年。市は記念事業として1000人の育成を目指す。

 専門の講座を受けた市民や、学校の総合学習で学んだ子供たちが「昔話」「郷土芸能」など5分野で試験を受け、それぞれの認定証を受け取った。早くも「伝統文化を伝えたい」と意気込んでいる。

 今後は市内4カ所の空き店舗に開く「語り部スポット」や、JRと計画するツアーなどで活動する。1000人まで増えれば、ラーメン店やタクシー内で「語り」が聞けるようになるかも。【宮崎隆】

<訃報>有馬侃さん81歳=洋画家、日展参与(毎日新聞)
インド洋補給、15日で海自撤収 中国、引き継ぎ検討 政府内に広がる警戒感(産経新聞)
海自艦に撤収命令、インド洋給油活動終結へ(読売新聞)
鳩山首相「コメントする立場にない」 小沢氏側への家宅捜索で(産経新聞)
<鳩山首相>「潔白信じる」小沢氏の続投了承(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。